すすきのの風俗の求人情報は紙媒体がメインの時代もありましたが今はウェブがメイン

下着姿で体育座りをする女性

駅前の無料冊子の棚等を見るといろいろな求人雑誌や風俗求人情報が並べられています。

私が18歳で上京してきて初めてお世話になったのはこういった求人雑誌でした。男女の格差は縮まったと言われていますが現実はまだまだ女性の給料は低いと思います。

そんな時に副業を考えた時に役立つのがこういった求人雑誌です。昼間働いている仕事の手取り月15万円とかだととてもとてもやっていけません。

生活はできますが女磨きにはほとんどお金はかけられません。でも私は気付きました。あまり多くの女性にはおすすめできませんが、風俗での副業は女磨きにもなってけっこう良いなと。

風俗といってもいろいろあります。全部が全部ソープやヘルスというわけではありません。風俗求人情報を読めばわかりますが「これが風俗?」みたいな超ソフトなものもあります。

風俗が怖いと思う人はそういう超ソフトなものから始めてみるといいと思います。私も最初はそういう超ソフトなものから始めましたが少しづつ物足りなくなってソフトなもの、普通のものと変わっていったりもします。

こういう副業を始めて気付いたのですが、結構私はエッチな女でした。Mだと思っていたけどSな部分もあったようです。だからおさわりより手コキとかの方が楽しかったりしたのです。

風俗求人情報は専門の求人誌だけに載ってるわけではありません。普通のタウン誌でも後ろの方には風俗の求人があったりします。

風俗求人情報誌をもらっていくのが恥ずかしい人はタウン誌を読んでもいいと思います。タウン誌の下に風俗求人情報誌を挟んで持って帰るというのも全然大丈夫です。

といっても最近は話のネタに持ち帰る女性もいますし、はしたないとか考えなくてもいいと思います。昼間の仕事のお昼ご飯時の話題でそういうのが出ることもあります。

私は実際に働いてるけど知らないフリしてます。